野菜

買い物に行くとついつい、あれもこれも・・・と買いすぎてしまい、食費を使いすぎてしまった!

なかなか食費が節約できない!

なんていうお悩みはありませんか?

 

食事は体を作る上でとても大切なものなので、「節約」と言ってもあまりケチケチしたくはないですよね。

かといってお金をかけすぎてしまうと食費がかさむし・・・

 

そこで、「無理なく」しかし「ムダなく」誰でも上手に節約できてしまう方法をこの記事では紹介しています。

 

この記事を読むことで「節約できない」お悩みを解決しちぃましょう。

 

食費節約できないあなたも大丈夫!今すぐできるカンタン食費節約術

節約

無理なくできる方法でないと挫折してしまいますが、ここでお話することは誰でもできるカンタンなものばかりなので、ぜひ気軽に取り入れていってくださいね。

食費節約の第一歩は「予算を決める」こと

まず大前提として、食費に使える予算がいくらなのかを決めましょう。

 

まず、月の予算から、一週間に使える予算を割り出します。

例えば、月に4万円が食費の予算だとすると、一週間は1万円の予算となります。

これを超えないように買い物をするようにしましょう。

 

つい「あれもこれも〜」と色々買ってしまい、予算オーバーしてしまう場合は、

そもそもお財布に予算分のお金しか入れていかないという方法も有効です。

 

「もしかしたらレジで支払う時に現金が足りないかもしれない!」

という危機感が、自然と買う量を抑えてくれますよ。

会計後に「やっぱりコレやめます」って言うの嫌ですもんねw

 

買い物をする時はカートを使わずカゴを手に持つ

かご

カートを使わない、というのもなかなか良い方法です。

カートを使っていると、カゴにどんどん入れていっても平気ですが、

手にカゴを直接持っていると、どんどん重くなってきて「早く済ませよう」という気分になってくるんです。

 

なので「カートをあえて使わない」方法も取り入れてみてはいかがでしょうか?

もともと腕力に自信のある人には効かないかもですが・・・w

 

 

 

「まとめ買い」で買い物に行く回数を減らして節約!

買い物カート

「週に一回だけ」

「火曜と金曜だけ」

など、買い物に行く回数を限定しましょう。

そして、いつ買い物に行くかを決めたらちゃんと守ってくださいね。

 

「買い物に行く回数をできるだけ抑える」

これが食費節約において最も重要なことなんです。

 

いや、でも、チラシを見て安い日に安い店にちょくちょく行く方が安上がりなのでは?

と思いましたか?

思いましたね?(笑)

 

では聞いてください。

あなたは「今日は卵がA店で100円だから買いに行こう」と思ったとします。

 

さてここで問題です!

A店に行ったあなたは、本当に卵だけを買って帰って来たでしょうか?

・・・

 

答えは、ほとんどの場合「NO」なんです。

 

「のどが渇いたから飲み物を買った」

「ついでにお菓子も」

「美味しそうな新発売のパンがあったから買った」

・・・といったようなことになる場合が大半ではないでしょうか?

 

だってね、考えてみてください。

スーパーというのは、そうなるようにできているのです。

「いかにお客さんに商品を買ってもらうか」ということを計算し尽くしている場所なのです。

 

ですので、「目的のものだけを買って帰る」というのはとても難しいんですね。

なので「買い物に行く日をできるだけ少なくする」というのはヒジョーに有効な方法なんですね!

お分かりいただけたでしょうか?

 

さらに買い物を効率化して食費を節約する方法とは?

買い物

では、予算を決めて、週に1〜2回買い物に行けば節約になるんでしょ?

ということなんですが・・・

 

ここで注意することがあります。

それは「お腹が空いているときに買い物に行かない」ということ。

 

お腹が空いている状態で買い物に行くと、あれもこれも美味しそうに見えてついつい買いすぎてしまうという、ご存知の「買い物あるある」です(笑)

 

なので一番大事なことは「落ち着いて冷静に買い物をすること」になってきます。

でも、私もあなたも人間です。

お腹が空いていることもあれば、ストレスがたまっていることだってあります。

いつも冷静な訳ではありませんよね。

当たり前のことですよね。

 

で!

です。

では、どうやったら「冷静な状態で買い物ができるか?」

なんですが。

それは「宅配を利用すること」で実現できます。

 

どういうことかと言うと、食材の宅配を利用すると「自宅で注文する」ことになります。

私はコープを愛用していますが、ほかに「ネットスーパー」もそうですね。

自宅でいつでも注文できるので、わざわざお腹が空いているときに買い物をしなくて済むんです。

あと、「あれ?キャベツって冷蔵庫にあったっけ?うーん、無かったら困るから一応買っておこう」

→自宅に帰って「あ!キャベツあったわw」

なんていうムダ買いを防ぐこともできます。

生協の宅配をはじめてみませんか?

 

それからもう一つ!

 

スーパーではレジでのお会計の時に、

「わ!意外と高かった!」

とびっくりすることってありますよね。

 

でもコープであれば、注文が確定する前に買い物内容や合計金額を確認できます。

なので、

「わ!高い」

と思ったらムダなものがないか見直したり、

「予算オーバーしたから少し減らそう」

ということが可能なんです。

 

なので「ムダ買いしない」「予算内に収める」ことが実現しやすくなるんですよ。

 子育て中は手数料が無料!

生協の宅配をはじめてみませんか?

「献立が先か?」「買い物が先か?」クイズ

ワンポイント

さてまたまた問題です!

「メニューを決めてから買い物に行く」は節約になるでしょうーーか??

・・・・・・・・

答えは!!

 

ドルルルルルルルルルル・・・・・

 

 

デンっ!!!

はい答えは

NO

でした!!!

 

当たりましたか??

 

では、なぜか?

 

まず結論から言うと「安くなっている食材を中心に食材を買って帰り、食材を見てメニューを決める」の方が節約になります。

 

その理由は・・

例えば「サツマイモが安いから買って来た」とします。

すると「サツマイモを使った料理」を考えますよね?

月曜日は、サツマイモご飯をして、少し残しておいて、水曜日の豚汁にも入れよう。

というように、安く買ってきた食材を使った献立を立てられるんですね。

 

でも、先に「おでんを作ろう」とメニューから決めてしまった場合。

いざ買い物に来てから

「あ!今日は大根が高いわ!!」

「でも今日はおでんを作るんだから、買わなくっちゃねー」

ということが起きるんです。

 

メニューを決めてしまっている以上、今さら1からメニューを考え直すというのも大変なので、もう買ってしまおうとなりがちなんですね。

なので、安くなっている食材を中心に買って帰り、それから一週間分の献立を考えるというのが一番ムダがありませんよ!

 

色々な料理に使い回せる食材を買って節約しよう

野菜

どんな料理にも幅広く使える食材ってありますよね?

  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • うすあげ
  • キャベツ
  • 豆腐
  • 豚肉 など。

 

和食・洋食・中華・汁物や煮物などどんな料理にも入れることができる食材たちは常備しておくようにしましょう。

こういった食材が冷蔵庫にあると、それだけで作るメニューには困りにくくなりますので、買い出しに行く回数を減らすことにつながりますよ。

 

食材はすべて使い切って食費のムダなし!

ガッツポーズの女性

カンタンそうで難しいのがこの「ムダにせず使い切る」ことではないでしょうか?

  • せっかく安く買えたのに、使わないうちに傷んでしまった・・・
  • 結局捨てることになってしまった・・・
  • 冷蔵庫の奥底に隠れていて、見つけた時には期限切れだった・・・

なんてことはありませんか?

 

もったいないですよね。

 

こういったことの対策としては

  • 傷みやすいものから使う
  • 期限の短いものは冷凍保存する
  • 冷蔵庫を整理し詰めすぎないようにする

 

という方法が効果がありますので、食材をムダにすることがないようにしていきましょう!

 

・・・と、私も自分に言い聞かせています(反省)

 

 

さいごに

今回は、「食費節約できないあなたも大丈夫!今すぐできるカンタン食費節約術」というお話をしました。

一つ一つはカンタンなことなので、あとはこの通り実行できるかということにかかっていると思います。

 

少し気をつけるだけでもだいぶ変わってくると思うので、気をゆるめずに食費管理をしてみてくださいね。

食事というのは体を作る源であり、毎日の楽しみでもありますよね。

「ケチケチする」とか「食べる量を減らす」のではなく、節約で「ムダをなくす」ことで豊かな食生活を送れるようにしたいものですね!

 

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事