子育て中・共働きママが通勤1時間半はキツイ?フルタイムワーママの負担を減らす方法

困ったママ
子育て中の共働き家庭で、通勤時間が1時間半もかかる職場でやっていけるのか不安!

 

あなたは今、こんなお悩みを持っていませんか?

そんなあなたのために、ここでは、子育て中に通勤に1時間半かかるワーママのスケジュール例や、乗り切るためのポイントを紹介します

 

子育てしながら働くだけでも大変なことなのに、そこに1時間半の通勤時間もかかる。

あなたが不安になるのも当然の気持ちですよね。

カノン

私も働きながら2児を育てるママです。

この記事で、あなたの負担を減らす方法を一緒に考えていきましょう!

 

☆この記事の内容☆
  • 子育て中に通勤1時間半かかるデメリット
  • 遠距離通勤ワーママ(共働き)のスケジュール一例
  • 1時間半通勤×子育てを乗り切るポイント・解決方法は?

 

子育て中に通勤1時間半かかるデメリットとは?

子どもを抱っこする女性

まずは、子育て中に通勤1時間半かかるデメリットを見ていきましょう。

    • 子どもと関わる時間が減る
    • 急なお迎え連絡にすぐに対応できない
    • 家事をする時間が限られる
    • 長時間通勤で体力が削られる

長時間通勤のデメリットについて、詳しく説明しますね。

 

子どもと関わる時間が減る

まず最初の大きなデメリットとして、子どもと関わる時間が減ります。

 

片道1時間半かかると、1日に3時間も通勤時間だけに費やすことになります。

子どもと触れ合う時間も、起きてから園に送り届けるまでの時間と、迎えに行ってから寝かせるまでのわずかな時間しかありません。

 

仕事や家事での忙しさと疲労で、子どもの話もゆっくり聞いてあげられないことも少なくないかもしれませんね。

 

子どもと関わりで大切なのは、時間の長さより「濃さ」だと言われていますが、あまりに関わる時間が短すぎると、ママは心の余裕も持てなくなってしまいますよね。

 

急なお迎え連絡にすぐに対応できない

次に、急なお迎え要請にすぐに対応できないというデメリット。

子どもはいつお熱を出すか、予想できないものですよね。

特に保育園に入ってすぐの頃は、園で感染症をもらったりしてしょっちゅう体調を崩します。

今のご時世を考えても、少し体調が悪くても連絡が来ることも増えています。

 

仕事中に職場に電話がかかってきて、「〇〇ちゃんがお熱です。早めにお迎えにきてください」なんて言われることも、一度や二度ではないでしょう。

そんなとき、保育園まで1時間半かかるようでは保育園に迷惑をかけてしまうかもしれません。

カノン
すぐに駆けつけてあげられないと、ママ自身も子どものことが心配になっちゃいますよね。

 

家事をする時間が限られる

遠距離通勤をしていると自宅にいられる時間が短いので、家事をする時間が減ってしまいます。

悩めるママ
長距離通勤をしながら育児もしていたら、家事まで手が回らないよ!

カノン

確かに家事どころではないよね・・・
でも、やるべきことの中で、一番手を抜きやすい(機械に頼れる)のは家事です。
便利家電を活用したり、家事代行を依頼したりして負担を減らそう♪

 

長時間通勤で体力が削られる

片道1時間半の長時間通勤をすると、あなたの体力が消耗してしまいますよね。

カノン
電車やバス、車・・・どんな通勤手段でも、長時間の移動は疲れる!

 

通勤時間が長いと家事育児の時間も取れないので、その分睡眠時間も短くなってしまいますよね。

「なかなか疲れが取れない!」という慢性疲労の状態にならないか心配になります。

遠距離通勤ワーママ(共働き)のスケジュールの例を紹介

子育て中・共働きで通勤1時間半のワーママの一日のタイムスケジュール例を紹介しますね。

(※9〜17時で働くママの場合)

 

6:00  起床・朝食・準備

7:00       自宅発

7:20  保育園送り

8:50  出社

17:00  退社

18:30 保育園迎え

18:50 帰宅

19:20 夕食

20:00 お風呂

21:00 子ども就寝

21:30 洗濯、片付け、翌日の準備など

23:30 就寝

 

いかがでしょうか?

これはあくまでも一例ですが、まさに“息つく間もない”と感じるかもしれませんね。

悩めるママ
これを毎日こなせるか・・・?不安!

カノン

これは確かに不安になるよね(涙)

ということで、次に1時間半の通勤が不安な共働きワーママのための対処法を紹介しますね♪

【共働き】1時間半の通勤が不安なワーママのための解決策は?

共働きで子育て中の通勤に、1時間半もかかる不安。

どんな解決策があるのか見ていきましょう。

カノン
職場の制度の利用や家族の協力・最新のお助け家電などなど・・・色々取り入れて家事の時短ができると、少しは楽になりますよ。

 

時短制度を利用してフルタイムを回避する

労働環境が整備されている職場であれば、時短制度フレックスタイム制度が導入されているかもしれません。

育児や介護に理解がある職場であれば、積極的に制度の利用をすることでフルタイム勤務を避けることができ、あなたの負担が減って楽になりますよ。

  • 時短制度についてはこちら(厚生労働省)
  • フレックスタイム制についてはこちら(厚生労働省)

 

 

家族の協力を得る

共働きで子育てをしながら通勤に1時間半かかる場合、家族やまわりの協力がなければとても大変ですよね。

悩めるママ
特にフルタイム勤務の場合は、とても時間が足りない!

全ての家事をやってもらわなくとも、ちょっとした家事や子どもの送迎だけでも協力があれば気持ちも楽になりますよ。

急なお迎えに対応できる家族、いざという時に助けてくれる人がいるだけでも、あなたの心の負担は大きく軽減されますよね。

 

時短家電を取り入れて家事を手抜きする

通勤に1時間半かかる忙しいワーママは、自宅で過ごせる時間が短いので、家事にかけられる時間が短くなるのは当然のことですよね。

掃除や調理に時間をかけられないのは当然なので、時短家電を導入しましょう♪

自動掃除から、調理の時短、乾燥までできる洗濯機などなど…

最初は少し抵抗があるかもしれませんが、機械に頼ることは全く恥ずかしいことではないですよ。

カノン
たとえ購入に多少お金がかかっても、その分あなたの時間と心に余裕ができるなら、断然そっちの方が良いですよね♪

ちなみに私がそろえている時短家電はこちら↓↓

 

  • 食洗機
  • 乾燥機付き洗濯機
  • コードレス掃除機
ダイソン Dyson Cyclone V10 Fluffy サイクロン式 コードレス掃除機 dyson SV12 FF LF 2022年モデル

 

 

カノン
正直、全部ワーママの必需品だと思います♪使っているワーママはとても多いですよ。

 

食洗機は、賃貸でも工事不要ですぐに使えるものも売っています♪

 

家事はあなたがやらなくても、機械が代わりにやってくれます。

その分の時間が浮くので、使わない手はありませんよね。

カノン
頼れるもの、使えるものはジャンジャン使って時間を生み出そう♪

 

リモートワークに切り替える

リモートワークに切り替えることができれば、通勤時間がなくなります。

通勤時間に使っていた約3時間が自由に使えるとなれば、生活はかなり大きく変わりますよね。

リモートワークが導入されている職場だったら、積極的に活用したいですね。

困ったママ
でも、職場にリモートワークの制度がないんだけど??

確かに、リモートワークの制度がない職場もありますよね。

あなたがもし、「今の仕事をこれから先もずっと続けていくことは難しい・・・」と感じているなら、思い切ってリモートワークができる仕事に転職するのもアリです。

最近はフルリモートや一部リモート、フレックス制度などが使える仕事も増えています。

LiBzCAREER(リブズキャリア)という女性に人気の転職サイトでは、柔軟な働き方ができるお仕事をたくさん紹介していますよ。

カノン
無料で使えるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 >>>LiBzCAREER(公式サイト)を見る

まとめ

この記事では、子育て中・共働きワーママの通勤1時間半はキツイ?という疑問にお答えし、あなたの負担を軽減する方法や解決方法について紹介しました

 

保育園と仕事がある平日は、まさに“息つく間もない”かもしれません。

だからこそ、家族の理解・協力、職場の理解が必要ですよね。

 

あなたが疲れてしまって体調を崩してしまえば大変なので、助けてくれるものはどんどん利用して、無理なく過ごせるようにしていきたいですね。

カノン
大変な子育て期を一緒に乗り越えましょうね♪

あわせて読みたい

子育て中、通勤に1時間半かかる生活はもう無理!

そんな時は、リモートワークなど柔軟な働き方ができるお仕事がおすすめです。

 

 \簡単3分!登録無料♪/

 >>>LiBzCAREER(公式サイト)を見る

LIBZについて詳しい情報はこちらをご覧ください↓

>>>LIBZ(リブズキャリア)の特徴&使い方を解説!

>>>LIBZ(リブズキャリア)の口コミ&評判を調査!

 

 

関連記事

 

 

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事