野菜

離乳食作りってとっても手間で、時間がかかりますよね。

子どものお世話や家事だけでも大変なのに、離乳食作りにまでなかなか時間をかけられない。

離乳食作りって大変そうなイメージがありますが、工夫をすることで手間いらずでラクラク時短で作ることができるんですよ。

まだまだ赤ちゃんに手がかかる頃なので、できるだけカンタンに、しかも早く作る方法をご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

離乳食作りの時短は「取り分け」で実現できる!

料理中のパパ

大人用のスープやみそ汁、カレーなどを作る場合、まず水から野菜を煮込みますよね?

柔らかくなったところで離乳食に必要な分の野菜を取り分けておいてください。

そして、取り分けたものを赤ちゃんの成長具合に合わせたサイズに切ったり、すりつぶしたりしてください。

離乳食を始めたての初期の場合はそれだけで1品になりますよ。

もう少し進んだ場合は、ハンバーグのタネに混ぜて焼いたり、カレーの王子様でカレーにしたりといろんな料理に使えて便利ですよ。

大人の分から取り分けることで、時間の短縮にもなりますし、わざわざ離乳食のためだけに食材を買うこともないので節約になりますよ。

そして何より、手間がかからないのでラクです!

離乳食作りの時短には、「炊飯器」が使える!

離乳食作りの時短には、炊飯器が役に立つんです。

炊飯器は、ご飯やおかゆを炊くだけではなく、離乳食作りを助けてくれる強い味方なんですよ。

普通に炊飯器でお米を炊く準備ができたら、中央に耐熱カップや湯のみを置いて、その中に少しのお米と必要な分の水を入れてからスイッチを押せば、お米と同時におかゆが出来上がります。

他にも、カットした人参などの野菜や卵をアルミホイルで包んで入れても良いです。

それだけで温野菜やゆで卵が手間なしで出来上がりです!

 

赤ちゃんのお世話をしていると、ずっと台所に立って火の番をしているのも難しいですよね。

炊飯器だと、スイッチ押したらあとは放置できるのでラクラクです。

その間に赤ちゃんと過ごすこともできますし、他の家事をすることもできます。

炊飯器で「時間」を生み出しましょう。

タイマーもついているのでかなり便利に使えますよ。

 

離乳食作りの次は、冷凍保存で楽々に!

氷

離乳食を1回1回作るのは本当に大変です。

解凍するだけですぐに使えるフリージング野菜などがあるだけで、毎回の離乳食作りが格段にラクになります。

カノン
冷凍離乳食は、明日のあなたを助けてくれます。
作ったらレッツ冷凍〜♡

冷凍を活用することで食材のムダも減らせるので節約にもなって大助かりですよ。

わたしもゆでた野菜やおかゆなどいろんな種類を冷凍して使っていました。

では次に、冷凍保存の方法をご紹介しますね。

 

製氷皿を使って冷凍する

製氷皿は、小さなお部屋に分かれているので、少しずつ冷凍したい場合に向いています。

人参、ほうれん草、玉ねぎ・・・などいろいろな種類を混ざることなく冷凍できるので便利ですよ。

おかゆを小分けにして保存するのにもピッタリです。

冷蔵庫に備え付けられているものより、底が柔らかいタイプの離乳食用の製氷皿の方が、凍ったときに取り出しやすいです。

わたしはこちらを愛用していました。

 

このとき、鮮度が落ちるのを防ぐために必ず食材が冷めてから容器に入れるようにしましょう。

凍ったら製氷皿から取り出し、保存用バッグへ入れ替えておきましょう。

そうすると使うときに取り出しやすくて便利ですよ。

冷凍後は、1週間を目安に使いきるようにしてくださいね。

 

保存用バッグで冷凍する

保存用バッグに直接入れて冷凍する方法もあります。

おかゆや、野菜(にんじん・じゃがいもなど)をマッシュにしたものを冷凍するのに向いています。

先ほどの製氷皿と違って、小分けにせずそのまま入れることができて楽チンです。

食材を入れたら、綿棒などで伸ばして平らにし、空気を抜いておいてくださいね。

凍らせる前に、包丁の背などで区切りを入れておくと、必要な分だけパキッと折って使えるのでとっても便利ですよ。

 

離乳食は全部手作りじゃなくてOK!レトルトも利用しよう

離乳食

毎回手作りの離乳食を食べさせられたら理想的だけれど・・・

実際には作る時間がないときや、あなたが体調を崩してしまって作ってあげられないこともありますよね。

そんなときは市販の離乳食を使いましょう。

カノン
手抜きも大事だよ!

わたしもときには市販品にも頼りながら子どもを2人育ててきましたが、元気に育っているので全く問題ないですよ。

手作りするには大変な食材とか、わざわざ離乳食のためにだけ買うのはな〜っていう食材とかありますよね?

そんな時こそ市販品です!

今は便利なものたくさんあるので、上手に活用することが大切です。

レトルトを使うことにうしろめたさを感じたり、子どもに申し訳ないなんて思う必要は全くありません!

手作りだけが愛情ではありません。

一番大事なのは、ママであるあなたが元気でいられること。

それが赤ちゃんにとって一番良いことなんですよ。

 

 

外出時はお弁当タイプもあるよ

カノン
外出するとき、赤ちゃんのご飯はどうしよう?

こちらもね、便利なものがありますのでぜひ持って行きましょう。

外食に行ったけど赤ちゃんが食べられるものがない・・・なんてことになったら困りますよね。

 

また夏場なんかは、手作りの離乳食を持ち歩くのが衛生的に心配になったりもします。

そんなときにも市販品は安心して持ち歩けますよね。

(ただし、炎天下に置いたり暑い車内に放置はもちろんNGですよー。)

 

非常食としてストックしておこう

もしあなたが、「毎回離乳食を作るのが苦ではないし、市販品を買う必要はないわ」と思う場合でも、ちょっと待ってください!

日本は災害大国です。

思い出すだけでもたくさんの大きな災害があちこちでおきていますよね?

なので、あなたも備えておいてください。

手作り離乳食と違って、市販品は賞味期限が長いです。

普段は市販の離乳食を使わないという場合でも、非常時に困らないようにストックはしておくようにしてくださいね。

 

コープには離乳食作りのお助けグッズがたくさん

コープでも離乳食作りのお助けグッズがたくさんそろっていますよ。

わたしもお助けグッズを色々駆使しながら子育てしてきました。

使えそうなものはどんどん取り入れて行きましょうね。

おかゆ

おかゆ

 

お湯で混ぜるだけでカンタンにおかゆができます!

安心の国産素材です。

加えるお湯の量を変えることで幅広い月齢に対応していますよ。

野菜ペースト

離乳食

裏ごし野菜

離乳食かぼちゃ

離乳食コーン

野菜の裏ごしって大変ですよね!?

ゴーリゴリ、ゴーリゴリ・・・

 

小さいものや硬いものになればなるほど大変!

とっても頑張って作ったのに少ししかできなかったり、子どもが気に入ってくれず食べないなんてこともあります。。

カノン
とほほ〜!

コーンの裏ごしがあるなんて最高!!

黄色があると彩りが良くなるので嬉しいですね。

なかなか自分ではここまでできません。

こちらも安心の国産です。

 

おやつ

おやつ

コープでは赤ちゃん用のおやつやミルク、おむつも種類豊富にそろってます。

重いもの、かさばるものを家まで持ってきてもらえるので、赤ちゃんのいるママには本当に助かります。

カノン
わたあしもずっと利用しています。便利すぎてやめられませんっ。

 

コープの宅配がないと買い物がとても大変になってしまうので、もうなくてはならない存在になっています。

無料で資料を見ることができますので、どんなチラシが届くのか体験してみてくださいね。

★生協の宅配サービスは玄関先までお届け、ご不在でも宅配。かんたんネット注文★
▶︎コープの無料資料請求をする

 

 

さいごに

今回は、「離乳食作りの時短方法【便利グッズ活用で楽々!節約効果もバッチリ◎】」

というお話でした。

 

赤ちゃんのために毎日一生懸命、おいしい離乳食を作ってあげているあなたは、本当に頑張っていますね!

うちはもう娘が5歳と2歳になって離乳食を作ることもなくなりましたが、今ふり返っても「あのときは頑張ってたなあ」と思います。

あなたもついつい、「赤ちゃんのために!」と頑張ってしまいがちだと思います。

 

でも、一生懸命作ったご飯を子どもが食べてくれなかったり、吐き出されたり、投げられたり・・・そんな時もあります。

それはあなたが悪いわけでもなく、もちろんご飯が美味しくないわけでもありません。

あなたは何も悪くないんです。

ただ、赤ちゃんはまだ「食べる」ことそのもの自体にまだ慣れていない。

ただそれだけなんです。

でも、そういったことが続くと自信をなくしたり、ご飯の時間になるとイライラして怒ってしまったりしてしまいますよね。

そうなると、あなたにとっても赤ちゃんにとっても楽しい時間ではなくなってしまいます。

 

でも、手抜き離乳食や市販品だったらどうでしょう?

「せっかく頑張って作ったのに!!」

とイライラする気持ちが生まれにくくなるんです。

なので、食べてくれなくてすごくイライラしてしまうときは「あなたが頑張りすぎているとき」だと思って、もっと手抜きしたり市販品に頼ったりしてくださいね。

大事なのは「手作り」にこだわることではありません。

一番大事なのは「あなたの笑顔」ですよ!

 

ここで紹介した方法を取り入れて、気持ちもラクに過ごせるようにしてみてくださいね!

カノン
がんばりすぎないでー!

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事