クレジットカードって便利なものですよね。

上手に使えばお金の管理もしやすいし、ポイントを貯めてお得にお買い物をすることもできますし、ネットでのお買い物の際にもとても便利ですよね。

そんな身近で便利なクレジットカードですが、使い方を間違えると危険なこともあります。

そうならないために、リスクを知った上でルールを決めて使用するようにしましょう。

少し知っているかいないかで、リスクを回避して安全に利用できるかどうかが変わってきますので、一緒に勉強していきましょうね。

クレジットカードのしくみ

そもそも、クレジットカードってどのような仕組みになっているか知っていますか?

現金を持ていなくても物が買えるのは、どうしてなのでしょうか?

 

というところをまずは説明しますね。

 

クレジット=借金!

クレジットカードを使って買い物をすると、カード会社があなたに代わってお店にお金を払ってくれます。

代金があなたの口座から引き落とされるまでの間(1〜2ヶ月)は、カード会社に借金をしていることになるんです。

つまり、クレジットカードで買い物をするというのは、借金をして買い物しているということになりますね。

「お金を借りて買い物をしているんだ」ということをしっかり認識して使うようにしましょう。

 

クレジットカードの危険性について知っておこう

今お話したように、クレジットカードで払うということは「借金を背負う」ことになるので、使い方を間違ってしまうと思わぬ危険が潜んでいます。

そのため、利用には注意が必要なんです。

では、どんな使い方が危険なのか順番に見ていきましょう。

クレジットカードを何枚も持っていると・・・

あなたはクレジットカードを何枚持っていますか?

複数持っているという場合、ちゃんとそれぞれの管理ができていますか?

カードは現金を持っていなくても買い物ができてしまうため、何枚も持っていれば、つい使う金額が多くなってしまいます。

例えば、手取り20万円でも月に30万円使うことができます。(給料から20万円、カードで10万円)

そしてカードで使った10万円分の支払いが翌月に来ます。

すると、翌月は20万円のお給料のうち10万円をカードの支払いという名の「借金返済」に充てなければいけなくなります。

残りの10万円では生活できないので、またカードで10万、15万・・・と使い、無限に借金返済に追われることになりかねません。

そうしていくうちにどんどん金額が大きくなってしまい、ついには給料の20万円を超えてしまって支払えなくなる・・・という危険があります。

 

支払い日に口座残高が足りないと・・・

クレジットカードは現金を持っていなくても買い物ができてしまうため、つい買い過ぎてしまうということはありませんか?

カードで購入するというのは、現金が減る痛みを伴わない買い物なので、つい高額なものを買いたくなってしまうこともあるかと思います。

けれど、そのような無計画な使い方をしてしまって支払額が大きくなってしまうと、支払い日に口座残高が足りないという事態が起きてしまいます。

 

もしも、指定の支払い日に引き落としができなかったら、それは「借りたお金を約束の日に返さなかった」ということになります。

お金の約束を破るというのは、あなたの信用問題に関わるんです。

 

なので、万一引き落としができないとわかったときにはすぐにカード会社に連絡を取ってできる限り早く入金するようにしましょう。

そのようにしないと「ブラックリスト」に載ってしまい、不都合なことが起きてしまいます。

どんなことが起きるかというと、

    カードの利用停止
    ・新たにカードを発行できない
    ・住宅ローンが借りられない

     

    といったことです。

    私たちには「信用情報」というものがあって、クレジットカードを問題なく利用できているかということも載るんですね。

    なので、信用できないと判断されてしまった場合にはこのような不都合が起きてしまい、将来とても困ってしまうことになるので、細心の注意が必要なんです。

     

    分割払いの落とし穴

    あなたは高額な買い物をしたとき、「分割払い」を選んでいませんか?

    分割払いとは?

    1回の買い物あたり、支払う回数を3回・6回・9回などと分ける払い方

     

    分割払いは、高額な買い物でもお金を何回かに分けて払えて一見便利なんですが、そもそも分割でしか買えないようなものは買ってはいけないんです!

    お金を貯めて、一括で買えるようになってから買うようにしましょう。

     

    分割払いは、支払い回数に応じて高い金利がつくので損なうえ、いつまでも借金を背負っている状態になってしまうので、利用しないようにしましょうね。

     

    リボ払いはさらに怖い

    「リボ払い」というのを聞いたことがあるでしょうか?

    CMでも紹介したりしているので、知っている人も多いかもしれませんが、安易にリボ払いを利用する前に、どういったものなのか知っておいてくださいね。

     

    「リボ払い」とは?

    リボ払いは「リボルビング払い」と言って、返済金額固定の分割払いのことです。毎月の返済額が決まっていて、高い手数料がかかります。

     

    借り入れ金額が増えてもひと月に支払う金額は変わりません。が、その分返済期間は長くなり、利息額も膨らんでいきます。

    この利息額が、消費者金融の利息とほぼ同じなんです。

    つまり、消費者金融でお金を借りて買い物しているのと同じことと言えます。

    しかも買い物をすればするほど支払い残高が増え、返済期間が増えていく仕組みなんです。

     

    ・・・こう考えると怖いですよね?

    「毎月の返済が少なく、高額なものが買える」という便利さのウラには、こんな怖さが隠れているんですよ。なので、便利そうだからと、よく知らないまま安易に「リボ払い」を利用することは絶対にやめましょう!

    リボ払いを利用すると、貯金ゼロでも高額なものが買えますが、その結果として半永久的に借金が減らず、高い利息をずっと払い続けることになってしまいます。

     

    なので、リボ払いは利用しない!とはじめから決めてしまうことが、失敗しないコツです。

    現金払いか、クレジットを利用する場合も「一括払い」を徹底しましょう。

     

    クレジットカードで失敗しないためのルール

    このように危険性のあるクレジットカードなので、特にお金のやりくりに自信がない場合には「ルール作り」が必要になります。

    あなたも「マイルール」を作って、それを守るようにしてくださいね。

    そうすることで上記に挙げたようなリスクはかなり回避することができますよ。

     

    カードは1枚だけに絞ろう

    先ほど、カードを何枚も持つことの危険性についてお話しました。

     

    持っていても基本は使わないスタンスで

    家計が赤字、やりくりができないなどの悩みがある場合は、クレジットカードの利用は向いていません。

    このような場合は、まずは現金でのやりくりができるようになる必要があります。

    クレジットカードは「緊急時用に持っておく」だけにしておきましょう。

     

    一括払いでのみ使用する

    先ほどもお話したように、分割払いやリボ払いは損なだけでなく、利息や返済金額がなかなか減らないなどの危険もあるものです。

    そのためクレジットカードを利用する際は「一括払い」のみにしてくださいね。

     

    利用先と予算を決める

    クレジットカードを何に使うか、いくらまで使うかということを決めておかないと、ついつい使いすぎてしまって、請求がきたときにビックリしたり、高額で払えない!という事態になってしまう危険があります。

    なので、「固定費の引き落としにだけ使う」など決めておきましょう。

    固定費の引き落としだけに使うなら、毎月の支払い額もほぼ一定で利用金額も分かりやすいので、請求金額を見てびっくりしたり、高額になりすぎていて支払いに困るといったことも防ぐことができますよ。

     

    限度額を引き下げる

    クレジットカードには「限度額(利用可能枠)」が設定されています。

    クレジットカードは使えば使うほど、どんどん利用額が増えていきます。

    あなたのカードも、いつの間にか限度額が10万円→20万円→50万円・・・と増えていっていないでしょうか?

    私もカードの限度額をふと見たときに、50万円くらいの高額になっていることに気づき、すぐにカード会社に連絡をして限度額を必要なだけの金額に引き下げてもらいました。

    あなたも、自分の支払い能力を超えた高額な限度額になっていないか、一度確認してみてくださいね。

    例えば限度額を10万円に設定した場合、月に10万円までしがクレジット利用ができないので、それだけで使いすぎを防ぐことができますよ。

    あと、限度額を超えて利用しようとした際に、レジの人に「このカードは利用できません」と言われると、恥ずかしいですよね!?笑

    なので、限度額を引き下げておくと気持ちも引き締まり、カードの使い方にも自然とシビアになるので、節約効果も規定できますよ!

    それから、クレジットカードには「キャッシング枠」がついている場合があります。

    こちらは利用可能枠を「ゼロ」にしましょう。

    私も、キャッシングを利用するのは怖いし、利用するつもりも全くないので、すぐに「ゼロ」にしました。

    こうすることで、安易にキャッシングび手を出してしまうことを簡単に防ぐことができます。

    もし多重債務になったら

     

    複数のクレジットカードを使っていて、万が一借金が膨らんで返せなくなったら、すぐに専門家に相談するようにしてくだいね。

    あなたの住んでいる市町村の「消費生活センター」でも良いですし、法テラスでも大丈夫です。

    ▶︎法テラス公式HP

    困ったときは一人で抱え込まないようにしてくださいね!

     

    さいごに

     

    クレジットカードで失敗しないためのルールについてお話してきました。

    怖い内容も多かったかと思いますが、リスクを最小限に抑える方法もご紹介したので、できることから取り入れていただき、あなたにも安全にクレジットカードの利用ができるようになってもらえたらと思います。

    カノン

    ご利用は計画的に〜!

    今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
    他にもやりくりについての記事を書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。
    次回の記事もお楽しみに!

    ではでは!

     

    Twitterフォローしてね!

    おすすめの記事