ランリック

ランドセルより軽い!と話題のランリック

ランドセルで通学する小学校が多い中、一部の地域では「ランリック」で通学する小学校があります。

 

ランドセルって重いし、なかなか高価ですよね。

 

そんな中、軽くて安価なランリックに注目が集まっています。

 

ということで、ここでは

  • ランリックって何?
  • ランリックが使われている地域はどこ?
  • ランリックの値段は?
  • ランリックはどこで売ってるの?

こんな疑問にお答えします!

 

カノン
ランリックの魅力をお届けします!

 

>>>〇〇がランドセルの悩みを解消!小学生の通学を楽にする方法とは?

 

ランリックって何?ランドセルとの違いは?

ランリックは、ランドセルより軽くて安い、小学生の通学用かばん(リュックタイプ)です。

ランリック

(画像:ranrick.com)

「ランリュック」と呼ばれることもありますが、正式名称は「ランリック」です。

 

ランリックの特徴
  • 軽量で丈夫
  • 安い
  • 交通安全に配慮された配色
  • リュックとしても使える

 

ランリックの重さは、種類によって変わりますが、690〜850g

ランドセルは1kgを優に超えるものが多いので、その軽さがわかりますよね。

 

軽くても6年間使える丈夫な作りなのもランリックの魅力です。

ランリックは黄色と黒の配色なんですが、これは道路標識を意識していて、子どもの安全のために考えられました。

 

ランリックは、ランドセルというよりリュックに近い素材感・使い心地なので、遠足や校外学習に行くときも持っていけます。

カノン
一石二鳥で経済的ですね。

 

ランリックが使われている地域はどこ?

hatena

 

ランリックが使われている地域はどこか?

調べてみました。

 

Wikipediaによると、2015年現在でランリックが使われている地域は・・・

  • 京都府宇治市、亀岡市、城陽市、八幡市のほぼ全域
  • 京都市、滋賀県大津市、大阪府堺市の一部
  • 近畿地方以外にもごく一部存在する

とのことでした!

 

京都・滋賀など近畿地方の小学校がランリックを採用していることが分かりましたね。

 

カノン
あまり全国的ではないんだね

ランリックの値段はいくら?

悩める母
ランリックは安いって言われているけど、値段は一体いくらなの?

 

ということで、ランリックの値段を調べてみました。

 

ランリックの値段は、9020円〜18920円(税込)!

 

カノン
安いっ!!

 

ランリックにもいくつか種類があるので、どの種類を選ぶかによってお値段は変わるんですが、およそ1〜2万円あれば買えちゃうというわけです。

 

ランドセルのお値段がおよそ4〜6万円くらいなので、その半分以下のお値段で買えるということなんですね。

カノン
ランドセルの半額以下!!

 

 

この驚きの安さでリュックとしての機能もあり、丈夫で6年間使えるって、コスパ良すぎじゃないですか???

軽いということで子どもの体への負担も少ないし。

 

こんなに魅力的なランリック。

もっとたくさんの小学校がランリックを採用しても良いのでは?

と思います。

 

ランリックが欲しい。どこで売ってるの?

ランドセル

 

ランリックってどこで売ってるの?

という疑問があるかと思います。

 

ランリックには実店舗とオンラインショップがあるのでご紹介します。

ランリックの実店舗

まず、ランリックは京都の会社「株式会社マルヤス」で作られているんですね。

 

本店と支店はいずれも京都府です。

 

・本店(マルヤス)・・・京都府向日市向日町南山2番地

・支店(長岡大丸)・・・京都府長岡京市神足3丁目1-9

 

ランリックの通販

京都まで行けないという場合でも、通販で購入することができますよ。

 

ネットショップ「ranrick」では、マルヤスのランリックを購入できます。

カノン
11500円以上の購入で送料無料です。お得!

 

ランリックの口コミ・評判!

ランドセル

 

ランリックの口コミや評判、実際に使ったことがある方の感想を見てみましょう。

 

ランリックは、値段が安いので親としても助かりますよね。

硬い素材のランドセルと違って、ナイロン製でちょっと広がってくれるので、多少かさばるものでも入っちゃうのも大きな魅力です。

 

ランリック(ランリュック)って?ランドセルより軽い!使われている地域や値段は?まとめ

ここではランリックについて解説しました。

 

ランリックの魅力が伝わったでしょうか?

 

こんなに魅力的なランリックが、京都や近畿地方の一部でしか使われていないのは本当にもったいないですね。

ランリックが全国に広がって、親の経済的負担も、子どもの身体的負担ももっともっと軽減されていきますように!

 

ランドセル通学を楽にしてあげる方法は?

そうは言っても、うちの地域はみんなランドセルだし・・・

もうランドセル買ってしまったし・・・

 

ということもあると思います。

 

ランドセル通学を楽にしてあげる方法は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

>>>〇〇がランドセルの悩みを解消!小学生の通学を楽にする方法とは?

 

あわせて読みたい記事

>>ランドセルの購入時期はいつがベスト?

>>子ども見守り用「どこかなGPS」。価格やバッテリーの持ちはどう?

>>ご飯作りが苦痛!食事作りの負担を劇的に軽くする方法

>>【家庭学習】小学生におすすめの通信教育5選!

>>【新一年生の入学準備】必要なグッズ&文房具は?

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事