子連れ出勤の始めかた

わたしは保育士としてパートで働いているのですが、現在は3歳の娘を連れて出勤しています。

娘が2歳後半の頃から働き出し、今で4ヶ月ほどが経ちました。

始める前は子連れで仕事ってどうなんだろう?、どんな感じになるのかなあ?と不安もありましたが、今では問題なく仕事をすることができていますよ。

 

ここでは、

  • わたしが【子連れ出勤】を選んだ理由
  • どのように過ごしているか
  • 実際に感じたメリット・デメリット

についてお話しています。

 

子連れ出勤をすることで、保育園の空きを気にしなくても仕事を始めることができます。

待機児童問題に直面して「働けない」というお悩みも解決することができますよ。

 

子連れ出勤ができるパートのお仕事のはじめ方

公園の女性と赤ちゃん

仕事再開・しかし保育園に空きなし

昨年、私は夫がうつになり休職し始めたため、急きょ仕事探しを始めました。

そこでわたしはまず、市役所に電話をして保育園の空き状況を確認しました。

 

が、このご時世です。

どこの園もいっぱいだという予想通りのお返事が。。。

 

みなさんご存知の、かの有名な「待機児童」ってやつですね。

わたしの住む地域も例外ではありませんでした。

 

そこで、次に検討したのが「一時保育」です。

一時保育は、「入園」ではなく、必要なときに一時的に預かってもらえるサービスです。

しかし、こちらも枠が少なく、すぐにいっぱいになってしまうそうで。

保育をお願いしたい日に預かってもらえるか分からないという不安な状況。

しかも一時保育だとその都度料金を払わなければいけないので高くつきます。

1日働いても、稼ぎの半分は保育料に消えることになる・・・

これではやっていけないと思いました。

 

子連れ出勤可能な仕事を見つけた

もともと、近くにある保育園が気にはなっていたんですが、「そんなうまいこと求人出てないよね」とあきらめ半分でネット求人を見ました。

 

すると・・・

 

なんと求人が出ているではありませんか。

しかも「子ども連れOK」との記載!

もう、これしかないでしょう。

 

カノン
わたしにはこれしかなーいっ

色々悩むところはありましたが、「わたしにはここしかない。」という気持ちになりました。

そうと思ったわたしは、面接に向けて必死で履歴書を書き、面接に挑みました。

そして無事に採用をいただくことができました。

 


こちらの記事で、【面接に一発で受かる極意】を紹介しています。

面接対策をしっかりすることで、ブランクのある子持ち主婦でも一発で合格できましたよ。

ぜひ、あわせてお読みください。

 

 

【子連れ出勤のお仕事】保育士として、こんな風に働いています

ここからは、「子連れ出勤」で実際どんな風に過ごしているのかをお話していきますね。

職場は小さな保育園で、わたしは「保育士」、娘は「園児」という立場です。

 

カノン
一応わたしも娘の「先生」ということになるんですねえ

小さな保育園でクラス分けなどもなく、全年齢の子供たちがみんな同じお部屋で一日過ごしているので、わたしと娘もいつも同じ空間にいます。

最初の頃は「ママ〜!」と私のそばに来ることも多く、泣いてしまうこともありましたが、だんだんと慣れてきました。

 

今ではお気に入りの先生もできてお友達とも遊べるようになったので、わたしのところにくることも減りました。

なので娘は娘で楽しく過ごせていて、わたしも仕事に集中することができています。

 

子連れ出勤の仕事は「ここが良かった!」メリット3選

保育士

子連れで仕事に行くメリットは色々ありますよ。

保育士ならではのメリット

一般的には「仕事に行く」ということは「わが子と離れる」ということとイコールですが、わたしの場合は「わが子と一緒」というメリットがあります。

自分が仕事をしていても、わが子と離れることがない。

仕事中でもわが子と過ごして、見守ることができるんです。

 

▶︎【保育情報どっとこむ】は全国の優良保育園の求人情報を掲載中【会員登録無料】

 

「保育情報どっとこむ」に無料登録すると、ここでしか見られない非公開求人を閲覧することができます。

求人は全国に対応していて、派遣やパートなどの勤務希望もできますよ。

非公開の求人数は日本最大級なので、レアな求人も見つかりやすいです。

保育士の転職を考えるなら登録しておいて損はないですよ。


送迎時間が大幅短縮できる

普通は、保育園に子どもを送って行ってから自分の職場に行きますよね。

そして、仕事が終わったらまた保育園に迎えに行くと思います。

保育園と職場の距離が遠ければ遠いほど、送迎にも時間がかかりますよね。

でも、子連れ出勤の場合は「出勤イコール登園」なので送迎に時間がかかりません!

送迎に時間がかからないので、その分長く働くこともできますし、早く帰って家事をするなど時間を有効に使うことができますよ。

 

保育料が割安になる

わたしの場合は、給食費などの実費の分をのぞいて、保育料は無料で預かっていただけています。

このように、無料や格安で利用できるのが子連れ出勤の大きなメリットです。

せっかく仕事をしても、保育料が高くついていては手元に残るお金が減ってしまいますからね。

 

【子連れ出勤】ここが困った!デメリットは?

このように、たくさんのメリットがある子連れ出勤ですが、実際には困ったこともあったりします。

子どもが「ママがいい」と泣く

これは初めの頃は仕方がないんですが、子どもも慣れない環境で不安になるため、どうしても母のところに来ちゃいますね。

そんなときは、安心するまでそばにいたり、思い切って他の先生にお願いしたりしました。

それでも日が経つごとにどんどん慣れてきて、今では泣くこともなく過ごしています。

 

最初のうちは周りに気を使う

最初はどうしても母の姿を見て子どもが泣いたりしてしまいます。

そのたび、先生の手をわずらわせてしまうのでやはり少々気を使いましたね。

正直、他の保育園に預けるようにした方が良いのかな?と思ったこともありました。

でも、わたしも仕事に慣れて、職場の人と打ち解けて色々話せるようになったので、いまでは気にせず預けています。

それよりもやはりメリットの方が大きいので、幼稚園入園の時期まではこのまま今のスタイルで行く予定です。

 

子連れ出勤できる仕事・職場を探そう

パソコンとDREAMの文字

子連れ出勤できるメリットはやはり大きいです。

わたしのように必要に迫られ、切羽つまって仕事を始める場合、「待機児童」なんてしている場合ではないのです。

 

一刻も早く職に就かなければならないというときは、子連れでいける仕事を探しましょう。

 

わたしのように保育士でなくても、「保育補助」や「子育て支援員」として働ける保育施設もあります。

 

また、保育の仕事以外にも、託児所を開設している会社も探せばたくさんあります。

会社が託児所を持っている場合も、空きさえあればすぐに預けて働く始めることができます。

 はたらこねっとなら、ママ・主婦の再就職を応援しています。

女性に人気のお仕事や、「託児あり」「託児所完備」などのお仕事を見つけることができますよ。



さいごに

今回は、「子連れ出勤ができるお仕事のはじめ方」というお話をしました。

子連れ出勤で仕事をすることは、メリットがあればデメリットと感じる部分もありますが、

メリットの方が大きいので、わたしは子連れ出勤を続けています。

 

あなたも一歩踏み出して、子連れ出勤を始めてみませんか。

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事