子持ち主婦が 面接一発合格!

長女が産まれて以来、5年間専業主婦をしていた私ですが、この度パートとして仕事をすることになりました!

幸いなことに、なんと1件目の面接で採用をいただけました。

 

ですが、採用が決まるまでは、幼い子が二人もいて働ける時間が限定され、ブランクが5年ある私を採用してくれるところはあるのか??

と不安でいっぱいでした。

 

けれど、そんな私でも一発で採用をつかむ事が出来たんです!

 

私の場合は専門職で資格と経験があったというのも大きかったとは思いますが、それ以外にも履歴書の書き方や面接の受けかたなどもかなり研究したので、きっと私の経験があなたの役に立つと思います。

 

本文では、私の体験を元に、面接に受かる対策を紹介しています。

 

私と同じように小さいお子さんを抱えていてこれから面接を受けようというあなたも、これを読めばきっと採用に近づけるはずです。

頑張っていきましょう!

 

主婦が採用されるためには、主婦向けの仕事や、主婦がたくさん活躍している職場を探すのが近道です。

主婦・ママが採用されやすいお仕事はこんなサイトで探すと見つけやすいですよ。

▼女性のための転職サイト▼

とらばーゆ

▼子育てママ在籍中のお仕事に出会える▼

はたらいく 

▼正社員経験がなくても正社員になれる▼

バイトルNEXT

▼就職経験がなくても相談・利用できる▼

DYM就職

気になる求人を見つけたら、まずは応募してみましょう。

カノン
私も、まずは応募してみて色々お話をうかがってから見学⇨面接に進みました。

子持ち主婦の私がパート面接に一発で合格した秘策を教えます!

ではここからは、実際にどんな風にお仕事が決まったのかをお話しますね。

事前に自分の希望を伝え、面接してもらえるか確認しよう

coffee

子育て主婦の場合、

  • まだ子どもが小さい
  • 子どもが幼稚園に通っている

 

などの理由で、働ける時間に制限がある場合が多いと思います。

 

求人に載っている勤務時間で勤務可能な場合は問題ありませんが、全体の勤務時間のうち数時間しか働けない場合や午前中のみ、平日のみなど何らかの制限がある場合は事前に電話で確認しましょう。

 

「パートに応募する前に確認したいのですが。勤務は平日のみ、9時から15時が希望ですが面接を受けさせていただくことは可能でしょうか?」

 

というように確認しておきましょう。

 

そうでないと、条件面が合わなかった場合、せっかく面接に行ってもムダ足になってしまう場合があります。

 

せっかくいろいろな準備をして面接に行ったのにムダ足になってしまったら悲しいですよね・・・

それに時間ももったいない!

なので必ず確認しておいてくださいね。

 

私の場合は「基本は上の子の幼稚園の時間内で働きたい」ということを伝えた上で、面接を受けさせてもらえることになりました。

 

 

【子持ち主婦の面接】履歴書は自分を売り込むもの!志望動機もしっかり伝えよう

ガッツポーズの女性

子持ち主婦は小さい子がいるため、急に休むかもしれないなどの理由で、採用においては不利になることがあります。

そこをマイナスポイントで終わらせるのではなく、プラスとして伝えられるようにしましょう。

履歴書で自分をアピールしよう

履歴書は自分を売り込む上でとても大切なものです。

 

パートやアルバイトの面接の場合は特に、履歴書を見ながら話が進んでいくという事が多いかと思います。

 

そのため、履歴書をしっかり作り込んでおけば、口下手でも緊張していてもちゃんと自分のアピールポイントを伝える事が出来ますよ。

アピールするべきポイントは主にこの3つです。

 

  • 自分の強み(得意分野、資格)
  • これまでの経験(実績、成績)
  • 仕事に生かせる特技

 

カノン
自分はこんな事ができる人間です。

カノン
私を採ったらこんな良い事がありますよ!!

 

とアピールする事で、自分は「役に立つ人材」であることを伝え、採用担当者に「この人を採らないと損だ」と思わせましょう!

 

志望動機もしっかり書こう

採用する側からすると、「なぜこの仕事を選んだのか?」という志望動機が気になると思います。

  • 自分の〇〇な能力が生かせる仕事だから
  • 自分の〇〇のスキルで、職場の役に立つことができるから
  • この仕事の〇〇なところが好きだから

 

というように、なぜ他ではなくこの仕事・この職場を選んだのかをしっかり伝えられるようにしましょう。

志望動機をしっかり伝えることで、あなたの熱意が伝わり、役に立つ人材であることをアピールすることができますよ。

 

 

ブランクも味方に!主婦としての経験もアピール

ハート

専業主婦をしていると、その期間は「無職」ということになっていますよね。

 

(私は専業主婦も立派な仕事だと思っていますよ!もちろん!!でも今はそれは一旦横においておきます。。。)

 

家事をし、育児をしてきた私たちは単なる「無職」だったわけでは全くありません。

それどころか、小さな命を守り育て、家庭を回すという大仕事をしてきたのです。

まずはあなた自身がそれを認め、胸を張りましょう!

 

一般的に「ブランクがある」というのは、就職活動において確かに不利な傾向があります。

ですが、その期間に何をしていて、何を身につけたかということをアピールできれば、ブランクすらも味方につける事が出来ます!

 

例えば・・・

 

  • 子育てを経験した事で、先を見通して段取り良く物事を進める能力が身についた。
  • 子育てを通してこれまでと違う視点から物事を見られるようになり、人の気持ちに気付き寄り添えるようになった。
  • 家事を一手に担ってきた事で、仕事をタスク化したり優先順位をつけて短時間で効率よく予定をこなせる力が身についた。

 

などなど。

 

あなたも、専業主婦という仕事を通して身についた事、学んだ事が必ずあるはずです。

それは仕事に復帰してもきっと役に立ちます。

 

あなたが希望している仕事には、あなたのどんな力が役に立ちそうかなと考えてみてくださいね。

 

子持ち主婦の面接は笑顔でハキハキと!服装はスーツで!

スマイリー

面接は笑顔で頑張ろう

面接って、とっても緊張するものですよね!

 

私も緊張しましたよ!

 

でも、そんな緊張する面接だからこそ、なるべくリラックスして臨めるようにイメージトレーニングや練習をしておきましょう。

 

「自分だったらどんな人を雇いたいかな?」

「どんな人と一緒に仕事をしたいかな?」

 

と想像してみることも大切です。

 

面接で聞かれそうな質問にはスラスラと答えられるように練習をしておきましょう。

 

 

本番ではニコニコと笑顔で感じ良く、ハキハキと受け答えが出来たらバッチリです!

 

面接の服装はスーツ一択!

パートであってもビシッとスーツで面接に行くのが良いです。

やはり服装などの見た目は大切です。

 

キッチリしていて悪いことはありませんし、服装からもあなたのやる気や本気度が伝わりますよ!

 

 

面接では、出来ること・出来ないことをしっかり伝えよう

dream

採用されたいからと言って、出来ないことを出来ると言ってしまうのは良くありません。

 

例えば17時までの勤務が希望なのに、「18時まで勤務できますか?」と聞かれて「できます」と答えてしまったら、当然その時間まで勤務出来ると見なされてしまい、あとあと自分を苦しめることになってしまいます。

 

そのため、出来ないことは素直に「出来ません」と答えるようにしましょう。

 

ですが、ここがポイントです!

ただ単に「出来ない」と言うだけではやはり印象が良くないですよね。

そこで、「それは出来ないけれどこれなら出来る」という代案を出すのです。

 

  • 「平日は17時までしか勤務出来ませんが、土曜日であれば主人に育児を任せられるので18時までの勤務も可能です。」
  • 「幼稚園の長期休暇中も、預かり保育を利用し週2〜3日出勤できます」

 

このように、出勤日数や時間が限られている場合であっても「これしか出来ません」という言い方ではなく「これなら出来ます」という言い方でアピールしましょう。

 

シフト制の仕事であれば「出来るだけたくさん出勤できるように務める」という姿勢を見せるようにしましょう。そうすることで印象がかなり違ってきますよ!

 

子持ち主婦の就職は厳しい!面接に受からないときはどうする?

ハート

あきらめずに応募し続けよう

何度も面接に落ちると、だんだん嫌になってきますよね。

けれど、悲しいかな、子持ち主婦の面接は苦戦するのが普通です。

 

子育てしている以上、子どもや家庭のことを第一に考えなければいけないので、どうしても厳しくなってしまいますよね。

けれど、そこで面接に受からない自分を責める必要は全くありませんよ。

 

ダメだったのは、「その職場とあなたが合わなかった」だけ。

なので臆せず次に行きましょう!

 

ただ、やみくもに探してもなかなか決まらないときは、転職サービスを利用するのが効果的です。

冒頭でもお話しましたが、主婦が採用されるためには、主婦向けの仕事や、主婦がたくさん活躍している職場を探すのが近道です。

主婦・ママが採用されやすいお仕事を探してみましょう。

▼女性のための転職サイト▼

とらばーゆ

▼子育てママ在籍中のお仕事に出会える▼

はたらいく 

▼正社員経験がなくても正社員になれる▼

バイトルNEXT

▼就職経験がなくても相談・利用できる▼

DYM就職

気になる求人を見つけたら、まずは応募してみましょう。

カノン
私も、まずは応募してみて色々お話をうかがってから見学⇨面接に進みました。

 

在宅で働くという選択肢もあります

今の時代は、外に働きに行くことばかりが「仕事」ではないんです。

おうちにいながら稼ぐ子持ち主婦もとても増えてきているんですよ。

 

在宅でのお仕事は、時間に融通が利きやすいので、家庭やお子さんの予定に合わせた働き方ができるのが魅力です。

 

詳しくは、【在宅で稼ぐ】妊娠中や育児中でもできる!家にいながら収入を得る6つの方法の記事でお話していますのでご覧ください。

 

興味がある場合は、こちらの記事もあわせて読んでいただけると参考になると思います。

こちらの記事もどうぞ

 

 

 

Twitterフォローしてね!