赤ちゃんのブーツと服

「こんな時はどうしたら良いのかな?」

「私の育て方は間違っているのかな?」

そんな思いで、子育てに自信が持てずにいませんか?

 

子育てには正解がなく、子どもの姿も日々変化して行くので、自信が持てずにいるのも当然かもしれませんね。

私は保育士として保育園で働いた経験があり、子育て歴も6年目ですが、それでも

「どうしたら良いんだろう?」

「これで大丈夫かな?」

と悩むことは日々たくさんあります。

ママは日々成長し変化する子どもと向き合っているので、悩んだり迷ったりして当然です。

自信が持てないということも、全然悪いことではなく、むしろプラスになるんですよ。

なぜ、自信が持てないでいることがプラスになるのでしょうか。

本文ではその驚きの理由を紹介していきます.

子育てに自信がある人なんていない

子育てって思った通りにいかないものですよね。

  • 子どもが言うことを聞かない。
  • 理想の子育てができていない。
  • 自分の育て方で良いのか分からない。。。

 

そんな悩みや迷いは、育児中であれば常について回るものだと思います。

 

「周りのお母さんはもっと楽しそうに育児しているのに。」

「みんなはもっとちゃんと子育てできているのに。」

「私は子育てがうまくいっていない。。。」

そう思ってしまう気持ちはとてもよく分かります。

 

でも、きっと、楽しそうに見えるそのお母さんも、育児の悩みを抱えながら毎日を過ごしているのかもしれません。

人の悩みは外からは分からないものですからね。

自信がなくて当たり前

子どもを抱っこする女性

我が子を産んだ親であっても、子育てに関しては「素人」です。

誰でも、最初から完璧にできるなんてことはありません。

親だって不完全で未熟な一人の人間ですよね。我が子の育児を通して、悩んだり試行錯誤しながら一歩一歩親として成長して行くんです。

子育てのことで悩み、考え、調べたり、相談したり・・・。

そうして試行錯誤していると言うことは、もうそれだけで、とても頑張って日々子どもに向き合っている証拠ですよ。

自信がないからこそ柔軟に考えることができる

もし育児に自信があれば、自分のやり方は正しいと思いがちになると思います。

正しいと思っていることを変えるのは難しいですよね。

 

でも、自信がなかったら、

「今度はこのやり方でやってみよう」

「こっちの方が子どもにあっているかもしれない」

と柔軟にやり方を変えてみたり、

「自信がないから教えてください」

と誰かに頼ったり、勉強して新しいことを身につけたりする機会も増えます。

 

あなたも、自信がないときの方がより慎重に、確認しながら物事を進めようとするのではないでしょうか。

そういう姿勢は、子育てにおいてもとても大切なことなんですよ。

 

このように自信がないことのメリットというのもたくさんあります。

子どもも安心する

眠っている子ども

なんでも完璧にこなしてしまうスーパーマンみたいな人より、ちょっとおっちょこちょいなくらいの人の方が一緒にいて安心したりすること、あなたにもありませんか?

子どもも同じで、なんでも完璧でミスのないお母さんより、「あ!またやっちゃった〜」とたまに間違いをするお母さんの方が一緒にいてラクだし安心できます

それに「お母さんだって失敗するんだな」ということを子どもながらに感じます。

人の間違いを許せるようになったり、人は失敗をするもんだということを学ぶことも大切な教育の一つですよね。

さいごに

母と赤ちゃん

「自信がないこと」は全然悪いことではない!ということがお分かりいただけたかと思います。

「自信がない」ままで子育てしていて大丈夫なんです。

無理に自信を持とうとしなくても、あなたはそのままでもう十分素敵なお母さんなんですよ!!

あなたの子どもにとって最高のお母さんです!

 

「自信がない」というのは、裏を返せば「ちゃんと子育てしなくては」「これで大丈夫かな」という意識があるという何よりの証拠です。

「自信はないけど、大丈夫」そう頑張っているあなた自身のことを認めてあげてくださいね。

大丈夫!!あなたは良いお母さんですよ!!!

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事