子育て イライラで怒鳴る前に!

「早くしなさいっ!!!」

「何回言ったらわかるのー!!!!!」

 

子育てしていると、余裕がなくなってイライラ任せに怒鳴りたくなったり、大きな声で怒ってしまったり。

そんな経験はありませんか?

 


私も2人の子を子育て中です。

平日は毎日長女を幼稚園に送っているので、出発前はついイライラして「早く早く!」と急かしたり、時には怒ってしまうことも。。。(反省)

 

保育園に遅刻してしまう!?朝の支度を劇的に早くする時短方法

 

あなたも、一生懸命子育てをしているからこそついつい怒鳴りたくなってしまうんだと思います

でも可愛いわが子なので、後から

あんな風に言って悪かったな」

「怒ってごめんね」

と罪悪感を感じるんですよね。

 

せっかく一生懸命育児を頑張っているあなたに、そんな後悔をなるべくして欲しくない。

母親としての自信を失くしてほしくない

 

そんな思いでこの記事を書きました。

本文では、そんな風にイライラして怒鳴りたくなってしまったときの対処法を紹介しています。

楽しく子育てができるように、一緒に考えていきましょうね。

 

子育て専業ママのイライラ解消!育児のストレスを撃退する7つの方法

子どもが物事を理解するのにかかる時間は「大人の10倍」

女の子

親は、ポンと子どもに何かを言えばすぐに理解して動いてくれると思いがちですが、子どもが理解するのは大人の10倍かかると思って接してください。

カノン
10倍!
そりゃ時間かかりますよね・・・

子どもに「早くして」と言っても、なぜかモタモタしている。

なんてことありますよね?

イライラしますよね。

 

でも実は、モタモタしているように見えても、子どもなりに急いでいるのです。

子どもは子どもなりに一生懸命やっているんです。

なので、大人のペースに子どもを合わせようとするのではなく、できるだけ時間に余裕を持つようにしましょう。

時間の余裕は心の余裕につながりますよ

 

「子どもなりに理由がある」ことを知ろう

ひらめき

子どもに「早く行くよ」と言ってもなぜか違うことをしている。

そんな時もまた、イライラしますよね?

はい、私もイライラしてしまうんですが。。。

 

子どもなりに「これをしておきたい」と言う気持ちがあっての行動という場合があるので、「そんなことしていないで、早く!」と無理やりやめさせてしまうと、子どもは納得ができず泣いたりカンシャクを起こしてしまいます。

そうなると、余計に時間がかかり大変なことになってしまいます。

 

大人でも、「出発前にこれだけはしておきたい」っていうことがあったりしますよね。

 

カノン

ここだけは片付けておきたいとか・・・

トイレだけは済ませて出たいとか・・・

子どもも、それと同じなんです。

 

そんな時は、

「じゃあここまでしたらおしまいにしようね」

「○分になったら終わりね」

終わりの目安を決めて約束すると子どもも納得しやすいですよ。

試してみてくださいね。

 

子供に話すときは、ゆっくり伝えよう

くま

ついつい急いでいると「早く!」と早口で言ってしまいがちですが、そうすると子どもにちゃんと伝わっていないことが多いです。

 

大人でも、突然大声で早口で指示されても、

「え??」

となってしまうこと、ありますよね?

 

なので、伝える時はできるだけゆっくりとした口調で話すようにしましょう

「子どもにちゃんと伝わったかな?」

と少し様子を見てあげると良いですね。

 

イライラしてもちょっと待って!怒りのピークは6秒

不機嫌な女性

そうは言ってもやはり育児をしているとイライラします。

分かります。

つい怒鳴りたくなってしまうことも少なくありませんよね。

 

でも、どうしてもイライラが抑えられず怒鳴ってしまいそうな時。

6秒だけ待ってください。

 

あなたは「アンガーマネジメント」というのを聞いたことがありますか?

そのノウハウの中に「6秒ルール」があります。

 


諸説ありますが、怒りのピークは長くて6秒だと言われているんです。

この6秒をやり過ごせたら、怒鳴りたい気持ちは少し収まっているかと思います。

 

 

それでもイライラして怒鳴ってしまったら

クローバー

お母さんも人間なので、怒鳴るのは良くないと分かっていてもつい怒鳴ってしまった。。。

子どもに申し訳ない。。。

 

そんな風になることだってあります。

 

そんな時は素直に子どもに謝りましょう

 

「ママ、〇〇ちゃんに大きい声で怒ってごめんね」

「今日は〇〇の用事があったから急いでいて、〇〇ちゃんにも早くして欲しかったの」

 

親子であっても人対人であることに変わりはありません。よくないことをしたと思ったら素直に謝りましょうね。

 

子育てのイライラ・ストレスはためないで!上手に発散しよう

草原の女性

一生懸命がんばっているほど、子育てでイライラしたり、ストレスが溜まったりしてしまいますよね。

そんなストレスはためずに発散してしまいましょう。

 

誰かに聞いてもらう

実家のお母さんや、友人などに思い切り話すことで発散しましょう。


話すだけでもスッキリすることってあるので、ガマンせずに吐き出してくださいね。

 

手抜きする

子育てしながら家事を完ぺきにこなすのは無理です。

ちゃんとしなきゃ!

と思うほど、うまくいかない現実とのギャップにイライラする結果になってしまいます。

 

「家事はテキトーでいい」と決めて、最低限できていればOKです。

もちろん旦那さんにも家事をやってもらいましょうね。

あなた一人で抱え込まないことが大事です。

 

好きなことをしたり美味しいものを食べる時間を持とう

家事育児に追われてばかりだと疲れてしまいますよね。

時には実家に帰ってゆっくりしたり、お一人様時間を作ってカフェにいくなど、ホッと一息つける時間を持ってくださいね。

 

 

ストレス解消方法について、詳しくは子育て専業ママのイライラ解消!育児のストレスを撃退する7つの方法の記事をご覧ください。

 

さいごに

ハート

今回は、「子育てでイライラ!子供に怒鳴る前に知っておいてほしい5つのこと」というお話をしました。

 

はっきり言って、子育てはイライラの連続です。

 

子どもはして欲しくないようなこともいっぱいしますよね。

それでも毎日子育てをしているあなたは本当に頑張っています。

まず自分を褒めて、認めてあげてくださいね

 

親も完璧な人間ではありません。

その都度、反省や勉強をくり返しながら子どもと一緒に一歩一歩成長していけたら良いですね。

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事