【小学ポピー】メリットデメリット評判まとめ!どんな子向け?

悩めるママ
小学生のポピーってどうかな?詳しく知りたいな。

 

通信教材って色々な所から出ているので、正直「どれがいいのかわからない・・・。」と悩みますよね?

 

そこで、ここでは【小学ポピー】についてご紹介します。

 

カノン
ポピーのメリット・デメリット、どんなお子さんに向いているのか?について詳しくお話します♪
無料お試しの方法についてもお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

☆この記事に書いてあること☆
  • 小学ポピーとはどんな通信教材?
  • ポピーのメリット5選
  • ポピーのデメリットはある?
  • どんなお子さんに向いている?
  • 気になる口コミを調査!
  • 無料お試し見本で体験してみよう

 

小学ポピーとはどんな通信教材?

まず「ポピー」とは、ざっくり言うと、お子さまの教科書に沿った内容の通信教材です。

なので、学校の授業に合わせて学ぶことができるんですよ。

 

 

それに、一日分の学習量は見開き2ページだけ。

 

 

価格も安いので、非常に続けやすい人気教材となっています。

 

そんなポピーの魅力を、この後たっぷりとお伝えしていきますね。

 

ポピーのメリット5選

さて、前項でポピーの概要は何となく把握できたかと思うので、次はもう少し詳しく、メリット・デメリットについても見ていきましょう。

まずはメリットからどうぞ。

 

コスパ最高!続けやすい価格

ポピーはお値段がズバリ、他社の通信教材のお値段と比べても断然安いんです。

安いのは嬉しい♪けど何で安いのかな?

 

ポピーの安さの秘密は、余分な付録を付けないことにあります。

続けやすい価格にするために、あえて付録は省いているんです。

 

お届けするのは本当に必要な教材だけだから、効率的に勉強ができるんですよ。

 

低価格なのに、お子さんにとって本当に必要な勉強ができるのって高コスパですよね?

これなら続けやすいのではないでしょうか。

 

それと、低価格なら万が一、お子さんが途中で飽きてしまった場合でも安心です。

 

なぜなら、高い教材だと、お子さんに飽きられたら

「月に1万円も払っているのにもったいない・・・」

と感じてしまいませんか?

 

それで、ついついお子さんに、教材をやるよう怒ってしまうかもしれません。

(私なら貧乏性なので、絶対怒ってしまうと思います・・・。)

 

でも低価格ならお財布のダメージが少ない分、ある程度「まぁ、しょうがないか」と妥協できますよね。

だから、お財布に優しい教材の方が、続けやすい上に子どもにも優しくできるので、親にとっても子どもにとってもメリットが大きいです。

 

内容が学校の教科書に合っている

ポピーの教材の内容は、学校の教科書に合っているんです。

 

でも、どうして教科書に合った内容の教材を作れるのか、疑問に思いますよね?

それは、ポピーを作っている会社は、全国の小中学校で使用されるドリルなどを編集している会社だからです。

 

なので、ポピーの教材には教科書と同じ文も掲載されているんですよ。

それだったら効率的に予習・復習ができますよね。

その上、学校のテストと同じ形式なので、テスト対策にもばっちりです。

 

悩めるママ
でも、授業が早く進んでしまったらポピーの内容と合わなくなるんじゃ・・・?

このような不安もありますよね?

学校や先生の方針によって授業の進み具合は違いますからね。

 

でも、そこは安心してください。これには、「授業進度対応サービス」というものがあるので、大丈夫なんですよ。

このサービスを利用すれば、ちゃんと「今、習っている内容」に合ったポピーの教材をお届けできます。

 

本当に必要な教材だけ!学習に集中できる

価格の項でも軽くお伝えしましたが、ポピーには付録がないんです。

だから学習だけに集中できます。

 

・・・とは言っても、付録がないのはちょっと寂しいな、と思うかもしれません。

しかし、逆に付録があると、そっちを作るのに時間が取られたりしますよね?

挙げ句の果てには、毎回付録ばっかりいじって、肝心の教材は手つかずになってしまったり・・・。

 

ちなみに、私も子どもの頃、そうでした(笑)

付録だけに手を付けて、教材は毎回1ページも開かなかった記憶があります(笑)

 

なので、付録が付かないポピーって逆に集中できていいんですよ。

教材の量も少ないので、やる気をそがれることもありません。

 

1日10〜20分!楽しく学習習慣が身に付く

冒頭でも軽く触れましたが、ポピーの学習量は、一日分が見開き2ページなんです。

低学年なら1回10分、高学年でも20分程度で取り組めますよ。

 

カノン
これくらいの短時間なら、無理なく集中して取り組める子も多いんじゃないでしょうか?

 

それに、低学年でお届けする「ひめくりドリル」なら、一日5分程度で取り組めます。

これだったら、長時間じっとしていられない子でも、なんとかできそうですよね?

 

しかも、たった5分程度で取り組めるということは「すき間時間にもぴったり!」なんです。

だから、宿題や習い事がある忙しい子でも、時間が空いたときに取り組むことができますよ。

 

更に、内容も「てびき」が用意されいて分かりやすいから、理解するのに時間もかからず楽しく学べます。

ちなみに、補助としてのデジタルコンテンツも充実しているので、机に向かうのが苦手な子でも、ゲーム感覚で楽しく学べますよ。

 

主体的な学習が身に付く

勉強ってわからないとつまらないけれど、わかるとすごく面白いですよね?

 

ポピーなら、その「わかる」ことが可能になりますよ。

学校の授業で習ったことを復習できるからです。

 

復習することによって、習ったことがよくわかるようになるんです。

そして、わかるようになると達成感を感じて勉強がますます面白くなるから、自然とやる気もでますよね。

そうなると、勉強も自分から進んでするようになっていきます。

 

カノン
まさに、「好きこそモノの上手なれ」です。

 

ちなみに、勉強がわかるようになって達成感を身につけさせられるのは、勉強が難しくない時期だからこそです。

なので、低学年のうちから家庭学習を身につけていくことが大事なんですね。

 

ポピーのデメリットはある?

さて、ここまでメリットを見てきました。

 

でも、メリットよりも、何だかんだでデメリットが気になりますよね?

なので、少ないながらもポピーのデメリットをまとめてみましたので、さっそく見ていきましょう。

 

ボリュームがあまり多くない

ボリュームは、メリットでも言ったように「一日分が見開き2ページ」です。

学習量としては少なめですよね?

 

「長いお休みの間に徹底的におさらいさせたい」
「もっとレベルの高い問題に挑戦させたい」

という親御さんからしたら、1日2ページでは物足りないかもしれません。

 

でも、安心してください。

ポピーでは、ハイレベルな子ども向けの関連教材もちゃんと用意していますよ。

 

それに、そもそもポピーは学習量が少ないながらも、基本問題から応用問題、さらには表現問題と、充実しているんです。

カノン
英語も全学年で毎月学べる♪

だから、わざわざ高い教材や市販の問題集を買わなくても、ポピーだけでカバーできるんですよ。

 

付録がない

何度も言いますが、ポピーには付録はつきません。

 

付録が付かないことを不満に思うお子さんもいるかもしれません。

困ったママ
子どもって付録が好きですからね。

 

でも、大人目線で見ると、はっきり言って付録って邪魔になりませんか?

毎月毎月送られてくると、さすがにかさばりますよね。

 

それに、子どもも勉強そっちのけで付録に夢中になってしまう恐れもありますし・・・。

そうしたことを考えると、付録がないことは親にとっては逆にメリットでもありますよね。

カノン
付録がない分、価格も安く済む♪

どんなお子さんに向いている?

結論から言うと、ポピーは全てのお子さんに向いています。

 

なぜなら、どんな子も、まずは学校の勉強でしっかり基礎を固めるべきだからです。

 

基礎がなければ次のステップにつまずきますよね?

だから、授業内容を予習・復習できて、基礎力が身に付くポピーはどんな子にも最適なんです。

 

カノン
その中でも特にポピーがおすすめな人がこちら↓

 

\入学前なら!/

\小学生なら!/

  • 集中力が長時間続きにくい
  • 飽きっぽい
  • 教科書の内容を基礎から身に付けたい
  • 基本を身につけて自信をつけさせたい

このような人はポピーに向いています。

 

達成感を感じやすい教材なので、続けることで基礎力と自信も身についていきますよ。

 

ポピーは短時間学習を繰り返すから集中力も身に付きそう♪

▼▼お試し申し込みはこちら▼▼

【小学ポピー】無料お試ししてみる>>>

 

気になる口コミを調査!

カノン
ここからは、ポピーの気になる口コミをチェックしていきましょう♪

 

学習の難易度が高くないから無理なく続けられた!という声が見られました。

あと、今は学校が休校になったりすることもあり、そんなときに教科書の内容に準じたポピーがとても役に立った!というお話もありました。

 

休校になると学習がなかなか進まないから、すごく助かるね♪

無料お試し見本で体験してみよう

ここまでポピーについて説明してきましたが、やっぱり実際に体験しないとわからないことも多いですよね?

そんなときは無料お試し見本で体験してみましょう。

 

体験教材を学年別にお届けしてもらえるので、実際に送られてくる教材の雰囲気がわかりますよ。

無料お試しで、子どもが喜んで学習しそうか判断できる♪

ポピーが気になる方は、無料なのでぜひ気軽に試してみてくださいね。

 

 \かんたん申し込み♪/
【小学ポピー】無料お試しはこちら>>>

まとめ

ここでは、ポピーのメリットやデメリット、口コミなどをご紹介しました。

 

 

テキストの量も価格もちょうどいいポピー。

これなら無理なく続けられるのではないでしょうか?

 

その上ポピーは、授業の内容と合っていたり、テスト対策もばっちりできたりと良いこと尽くめです。

 

なにも高いものだけが良いものとは限りません。

大事なのは値段じゃなく、お子さんに合っているかどうかです。

 

以上のことを踏まえて、ぜひご検討してみてくださいね。

 

▼▼お試し申し込みはこちら▼▼

【小学ポピー】無料お試ししてみる>>>

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事