生活コストが低いと貯蓄が楽々増える!収入を増やすより支出を減らそう

頑張って節約しているのに、なかなか貯金が増えない!

赤字家計から抜け出せない!

 

こんなお悩みはありませんか?

頑張っているのに貯蓄が増えない、それどころか赤字って・・・

かなり辛い状況ですよね。

カノン
頑張っているだけにツライですね・・・

いくら頑張っても家計が赤字続きだったり、貯金が増えないという場合、がんばり方を間違えている可能性が高いです!

 

間違った方法でいくら努力しても、残念ながら貯金ができるようにはなりません。

 

 

せっかく頑張るのなら、確実に赤字家計から抜け出し、貯金が増やせる方法を取り入れていきましょう。

ここでは、赤字家計を黒字化させ、貯蓄できるようになる方法についてお話しています。

あなたも、ぜひ貯蓄できる家計へと変えましょう!

 

生活コストを下げることができれば、そんなに多くのお金を稼ぐ必要もなくなるので、気持ちにも生活にも余裕が生まれますよね。

そんな生活を目指していきましょう。

カノン
わたしもがんばりますよー!

 

「何のために貯蓄するのか」目標を明確にしよう

あなたが貯蓄をする目的は何でしょうか?

 

  • 車を買いたいから
  • 家を建てたいから
  • 海外旅行に行きたいから
  • 子どもの教育資金を貯めたいから

 

などでしょうか?

 

貯蓄を増やすためには、まずはあなたが「このために貯蓄をしよう」と思う目標をはっきりさせましょう。

目標が明確になることのメリットは、

・「いつまでにいくら貯蓄する必要があるか」ということがはっきりする

・貯蓄を頑張るモチベーションが維持できる

・挫折しにくい

ということが挙げられます。

 

ただ何となく貯蓄するというのでは続きにくいですが、目標があるとそこから逆算して、毎月いくら貯めたら良いかが分かりますよね。

そうすることで、やる気アップにもつながりますよ!

 

なので必ず、

「◯年◯月までに〇〇用の資金を〇〇円貯める」というように具体的な目標を掲げましょう!

 

例えば・・・

「2020年1月までに、自動車購入のための資金を200万円貯める」

「2021年3月までに、住宅購入の頭金を500万円貯める」

などですね。

 

そうすることで、金額と日数から、毎月の貯蓄額が計算できますよね。

逆にいうと、それまでに達成できなければ目標が実現できない!ということでもあるので良いプレッシャーになると思います。

 

生活コストを下げるということは、

家賃を下げるために引っ越す

とか

車を手放すor乗り換える

など、あなたが「あまりしたくないなぁ」ということも含めて考えなければならないわけです。

そんなとき、「でも、そんなことよりももっと叶えたいことがある!!」という気持ちになることができれば、そうした「痛み」も前向きに乗り越えられますよね。

そのためにも目標を持つことは大事なんですよ。

 

カンタンに生活コストを下げる方法

生活コストを下げるための簡単な方法については、こちらの記事で分かりやすく紹介していますので参考にしてみてください。↓

この記事でお話している内容は

・固定費を削減する方法

・食費を抑える方法

・クレジットカードの使い方

などとなっています。

内容は、私が実際にしていることをもとに書いているので、あなたも無理なくできると思いますよ!

すぐに実践できる内容になっていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

家計が赤字!から抜け出し黒字化する方法

現在、もしあなたの家計が赤字だという場合は、まず家計を黒字化することから始めなければいけません。

赤字になるということは、収入に対して支出が多いということです。

なので、貯蓄をするためには収入を増やすことも大事ですが、支出を減らすことも同時に重要になります。

というのも、いくら収入を増やしても支出を抑えることができなければ貯蓄を増やすことができないからです。

 

支出を減らすことが必要な理由

例えば、月収20万円で支出も20万円のAさんという人がいたとします。

このAさん、家計が苦しいからと頑張って月収を30万円に上げました。

カノン
すごーい!!

こうして、10万円余裕ができたはず!

だったのですが・・・。

 

ところがこのAさん、30万円稼げるようになったら支出も30万円になってしまったんです。

せっかく収入が増えたのに、支出も増えてしまったので結局貯金はできないままになってしまいました。

カノン
えっ!??Aさん、ウソでしょーっ!!!

このように、収入が増えても支出を抑えることができなければ、いくら稼いでも貯蓄をすることはできないんです。

 

逆に、Bさんは月収15万円ですが、生活費を切り詰めて月々10万円で生活しています。

なのでBさんは毎月5万円ずつ貯蓄が増えていきます。

 

このAさんとBさんの例を見て、何が大事か気づきましたか???

 

 

そうです!!!

 

 

大事なのは「いくら稼ぐか」ということよりも、むしろ「支出をいくらに抑えるか」ということなんですねー。

 

人って、お金に余裕あるな〜と思ったら、つい使っちゃうじゃないですか。

人の意思って弱いし、すぐ誘惑に負けちゃいます。

 

なので「必ず〇〇円は貯蓄に回す!」という確固たる意志、もっといえば「貯蓄できる仕組み作り」をすることが必要なんです。

人の意思は弱いので、仕組みを作って強制的に貯蓄してしまおう!ということです。

 

確実に貯蓄する仕組みづくりについてはこちらの記事でお話していますのでぜひ読んでみてください!↓

 

赤字家計を一気に黒字化させる方法

先ほどもお話しましたが、赤字になるということは「収入に対して支出が多い」状態であるということなんですね。

なので、赤字を抜け出すために、支出を減らすことを考えましょう。

 

ここで必要になってくるのが「生活コストを下げる」ことです。

 

もし何かに浪費していて赤字になっているというならその改善が急務です。

 

ですが、特に浪費もしていないし、むしろ節約しているのに赤字だという場合。

こういった場合には、やりくりで赤字を改善するのは難しいです。

すでに節約をしている以上、やりくりで支出を減らす余地がないからです。

 

なので、この場合は「固定費」の部分にメスを入れましょう。

固定費の削減には、

  • 家賃の安いところに引っ越す
  • 車を手放す
  • 保険を見直す

などの方法があるのですが、思い切ってこういった生活コストを下げることで一気に家計は黒字化します。

特に、貯金が全くない!という人はリスクが高いので、一時的にでも生活コストを思い切り下げてお金を浮かせることで貯金を作っておくようにしてくださいね!

 

さいごに

「貯蓄を増やす」というと、収入を上げることや節約をすることを頑張る人が多いかと思います。

それももちろん大事なことなんですが、実は「生活コストを下げる」ことが一番効果があり、しかもいちばん簡単だったりします。

 

他にも節約や家計のやりくりに関する記事を書いていますので、ぜひ参考にしていただき、できることから取り入れてみてくださいね。

 

 

 

Twitterフォローしてね!

おすすめの記事